記事リスト

家を建てる前に確認

工具

家の大切な部分

私たちが生活するうえでなくてはならないものが家です。家も家電などと同じで、使っていればあらゆるところが壊れてきてしまいます。特に破損しやすいのが屋根です。では、屋根の修理の相場はおおよそどのくらいなのでしょうか。まず、屋根にもたくさんの種類があります。日本といえば瓦屋根という家が多いです。瓦の寿命は一般的に40年から60年といわれています。また、屋根の中でも、耐久性が一番強く、長持ちする素材であるといわれています。次に、スレート屋根という作りの屋根もあります。スレートとは、屋根に使われている素材のことをいいます。耐久性は20年ほどと短いのですが、値段の相場が安いといったメリットあります。それから、需要は少し少ないですが、鉄を使用してできたトタン屋根も耐久性が比較的短いと考えられます。このようなことを踏まえて修理するときの相場についてお話していきます。まず、屋根の完全な履き替えなら30万円から270万円前後は見ておくことが重要です。それから、色の塗り替えなら、35万円から120万円。そのほかの部品代として30万円から100万円ほどかかります。では、部分的な修理費はどのくらいなのでしょうか。瓦ならば1万円から3万円で、全体となると100万円近いです。スレートなら、部分的な修理だと1万円から3万円で瓦とほぼ同じですが、全体でみると80万円ほどで修理が可能です。金額についてはあくまで相場なので、きちんとした金額を確認する際はしっかりと業者と話し合い聞いた方が良いでしょう。

Copyright© 2018 屋根修理を相場よりもお得に施工するヒント【もしものことを考えて】 All Rights Reserved.